cafe VALENCIA hayama

葉山の隠れ家的カフェ「バレンシア」自家製シフォンケーキをお召し上がりください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

9.11


11日、バレンシアのパティシエのバースデー!
11年前、記念日の思いはまた違ってた。

朝、ジプシーキングスの『ボラーレ』をフルボリューム。
青色の空の中、顔も手も青く染まって、幸せに太陽より高く飛んでいく僕。

ランチのカップル、カタカタ音を立てるコーヒーカップを不思議そう。
バースデーにそわそわと言い訳、納得して讃歌。
カフェオレファン、花と山ほどのフルーツを抱え自分のことみたいに喜こんで。
大学生のグループ、手元覚付かずアイスコーヒーをシャンパンみたいに引っ繰り返してしまった。
ハッピーバースデーだからみんな一緒に記念写真撮りましょ!でお許し。
忙しく、何とも心もと無い9.11。
たくさんのお祝いありがとう。
ハレの日は、お気に入りのビストロと決めている。
タコサラダ、骨付きソーセージ、さんま梅肉ソース、ワタリガニのクリームパスタ、ビザマルガリータ。
ハッピーバースデーと入ったデザートプレート。
めちゃめちゃうまい!



マドンナは、ビストロの看板娘。
最近、とみに綺麗になった。
黒のカットソーに黒のソムリエエプロンが色っぽい。
ミラノコレクションにでも居そうなオカッパ。
ステディな彼のこと、居たければと気にしない。
『嫌いじゃないけど、まだ一人が良い』、育ちの良いオテンバ。
『面倒臭いの嫌い』。
けだるそうに見えて、何事も言い切る。
この切れの良さに惚れている。
みんなと他愛の無い話で『最近自信が無くて』と笑ったら。
背中から『私が居るよ』とポンと叩かれた。
面倒臭いオヤジにならないよう、胸の中で独り言。

夜、ルイアームストロングの『ワンダフルワールド』を静かに。
独り 思いに浸る なんと素晴らしき世界よ。

| 未分類 | 22:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT